コース紹介

13

二木島峠道・逢神坂峠道

にきしまとうげみち・おうかみざかとうげみち

「逢神」とは、伊勢と熊野の神が出会う場所という意味で、かつては狼が出没したためという説もあります。古くから捕鯨の里として知られる二木島から古道にはいると、ほぼ全区間に苔むした石畳が通じています。

巡礼供養碑群
巡礼供養碑群

一里塚跡近くの古道沿いに、
合計8基もの行き倒れ巡礼供養墓碑が立ち並んでいます。

田んぼ跡と猪垣
田んぼ跡と猪垣

かつて田んぼがあった広場を囲むように猪垣が残っています。

逢神坂峠
逢神坂峠

標高290mの林に覆われた峠。
昔は大きな松があり、松の下には茶屋があったといいます。

新鹿海岸の遠望
新鹿海岸の遠望

峠越えの後の目に眩しい、新鹿海岸の眺望が開けます。
旅の安全に感謝し、庚申様にお参りしましょう。

距離 約4.6km(JR二木島駅〜JR新鹿駅)
歩行時間 3時間
散策レベル ★★

地図をダウンロード