コース紹介

1

女鬼峠

めきとうげ

熊野三山を目指した巡礼者たちは、お伊勢参りをすませた後、伊勢路のスタート地点である田丸で巡礼衣装に着替え、熊野三山を目指しました。熊野街道(伊勢路)で最初に越える峠が女鬼峠です。女鬼峠は昼間でもほの暗く、千枚岩の岩盤を切通した道は、古道の歴史を感じることができます。

轍跡
轍跡

昔、荷車の通った跡と思われます。
くっきりと二本の轍の跡が残っています。

切り通し
切り通し

女鬼峠は石墨千枚岩を掘割って通した峠道です。
当時の掘削技術を考えると、
かなりの難工事であったのではないかと思われます。

名号碑と如意輪観音像
名号碑と如意輪観音像

名号碑(右)には南無阿弥陀仏と彫られています。
祠の中には如意輪観音が祀られています。

大神宮寺相鹿瀬寺跡
大神宮寺相鹿瀬寺跡

天平神護二年(766年)称徳天皇により建立されました。
周囲から奈良時代の軒瓦などが出土しています。

距離 約1.8km
歩行時間 45分
散策レベル

地図をダウンロード